部位別の脱毛

部位別の脱毛で注意する点

むだ毛の生え方や生える場所、濃さや長さなどは、非常に個人差が現れるものです。
脱毛を始める場合、多くの場合はワキやビキニラインなど、肌の露出に伴い、脱毛を希望するケースが多いです。
しかし、脱毛をすすめていくと、ついつい別の部分も気になって、脱毛をしたくなるのが自然な心理です。

 

また、ワキやビキニライン、足や腕など、代表的な箇所以外でも、多くの脱毛エステは様々な脱毛コースを用意しています。
例えば、欧米では代表的なVIO脱毛でも、足の付け根付近に生えているむだ毛は、範囲に含まれません。
ひざ上の脱毛箇所には該当しますが、ひざ上のむだ毛が気になっていない、という場合も充分に考えられます。

 

その場合には、足の付け根だけの脱毛や、プラスの料金を払って、光を当ててもらうという脱毛の方法があります。
光脱毛は、一度に当てる光をオプションで付けることができる脱毛エステが多いです。
この時も、オプションで脱毛するか、新しくコースを組んで脱毛するか、どちらが費用を抑えられるかなども、相談にのってもらいましょう。

また、自分だけの悩みと思っている脱毛の悩みも、思い切って相談してみましょう。
例えば、乳輪周りだけの脱毛コースもありますし、おヘソやお腹周辺だけのコースもあります。
フェイスラインに近い、あごなどにしっかりヒゲのように、しっかり生えてしまうこともあります。

脱毛エステのスタッフはプロの方たちなので、恥ずかしいこともありませんし、しっかりと相談に答えてもらえます。
理想の肌を手に入れるためにも、じっくりと計画を立ててから、施術を進めましょう。

えり足の脱毛

 

えり足は、自分では見ることができない部分ですね。
髪をアップにしたときに、他人にはよく見えるところです。
えり足のむだ毛は自分では見えないので、油断してしまいがちです。

 

えり足のきれいな女性は、素敵です。
男性の中には、女性のえり足のきれいさで色っぽさを感じる人もいますね。
えり足の毛がバラバラだったら、色っぽいどころか、生活に疲れた感じも出てしまいます。
夏になると髪をアップにしたり、浴衣を着ることもあるので、えり足脱毛をしてきれいにしておきたくなります。

 

シェーバー等で、えり足脱毛を自分でしようとしても、見えないのですからとても難しいです。
無理をすると、首の皮膚を切ってしまうかもしれません。

 

家庭で使える脱毛器を使ってえり足脱毛をする方法もあります。
鏡を使ったとしても見えづらいのですから、きれいに仕上げるのは難しい部分です。

 

それでもきれいにしておきたいなら、脱毛エステでのえり足脱毛が適しています。
自分でえり足脱毛ができないのなら、プロに脱毛してもらうのが安全かもしれません。

 

えり足脱毛をした後のケアも大切です。
首は皮膚が薄くてデリケートなところ。
脱毛しっぱなしでは、肌トラブルの原因になります。

部位別の脱毛記事一覧

もみあげの脱毛

自分のもみあげの長さをじっくり見たことがありますか?顔の横の部分なので、鼻下のむだ毛ほどは目に入りませんが、サイドの髪の毛をあげると、もみあげが意外と濃くてびっくりすることがあります。もみあげが長いと、ショートヘアやアップスタイルのまとまりがつきません。もみあげが濃くて長いことがコンプレックスになっている人もいます。そんなことから、もみあげの脱毛をする人が増えているようです。もみあげの脱毛をすると…

身だしなみで大切な口下の脱毛

顔は他人の視線が集まるところです。顔の中心にある目、鼻、口付近は最もよく見られる場所なので、むだ毛は目立ってしまいます。特に口の周りのむだ毛の処理は、身だしなみとして当然のことです。また、口の周りのむだ毛を処理することで、清潔感を与えます。このとき見落としがちなのが、鼻下だけではなく、口下のうぶ毛の脱毛も必要になってきます。顔はどの部分もデリケートですので、自己処理の場合は、慎重に丁寧に処理をする…

vライン脱毛の注意点

ホルモンのバランスによって、男性も、女性もVラインサイドの脱毛は気になると思います。自分自身で処理をしようという方も多いようです。脱毛クリーム、家庭用脱毛器などが、お馴染みだと思いますが、そのかわり、時間、手間がかかり、傷つけたりとのトラブルも多いと思います。そこで、今は、サロンでもVライン(サイド)の脱毛も多く行っているところも多いようです。Vラインの脱毛方法には、光脱毛や、レーザー脱毛などがあ…