セルフヘアカラー 人気商品と使用ポイント

気分をガラリと変えてくれるヘアカラー。美容院ほどの自由度はありませんが、コスパ面ではとても助かりますよね。最近では、カラーバリエーションも豊富になってきたので試したことのある人も多いのではないでしょうか。ドラッグストアなどで手軽に手に入るので、すっかり身近な存在になったセルフヘアカラーを取り上げてみました。 ≪主なセルフヘアカラーのタイプ≫ 現在よく見かけるのは、クリームタイプと泡タイプです。 クリームタイプは髪に密着し、しっかりと染め上げられるのが特徴です。ただ、髪の質や量によって必要な分量がかなり変わってきます。 全体に塗る配分を間違えると後半で液が足りなくなり、ムラになりやすいです。髪の量が多い人はパッケージに書いてある目安よりも多めに用意したほうがいいでしょう。   泡タイプは全体に泡を行き渡らせてから揉みこむので、ムラになりにくくキレイに染められるのが特徴です。ソフトになじむので、全体にやわらかく色が入ります。 大胆なイメチェンをしたい人はクリームタイプでしっかりと染めるほうがオススメかもしれません。または、ブリーチ剤で一旦色を抜いてから、後日泡タイプを使用すると発色がよくなります。 主に黒髪用と明るい髪用に分けられるので、自分のなりたい髪色に合わせて選んでくださいね。 ≪クリームタイプのセルフヘアカラー≫ ビューティーラボ ミルキィヘアカラー うるおい成分としてはちみつとローズ水を配合。アフターカラー美容液を使用することで染めたあとでもぷるぷるのうるおい髪に仕上げてくれます。自然なブラウン系をはじめ、今年トレンドのアッシュ系、ナチュラルグレージュも新色に仲間入りし、現在では13色展開されています。   フレッシュライト ミルキーヘアカラー 思いきってかなり明るめのカラーにしたい場合は、フレッシュライトのミルキーヘアカラーシリーズがオススメです。12色展開のカラーはブラウンから明るいベージュ、トレンドのアッシュもかなり明るく仕上げられます(カラーによっては、先にブリーチで明るい髪にする必要があります)。くし型ノズルになっているので、片手でまんべんなく塗ることができます。8種類のアミノ酸が配合されているので、明るいカラーでもきしまない仕上がりに。 ≪泡タイプのセルフヘアカラー≫ リーゼ プリティア泡カラー リーゼのプリティア泡カラーシリーズは、なんとカラーバリエーションは現在19色も展開されています(髪色もどし除く)。微妙なニュアンスまで楽しみたいときにはこちらの商品を試してみてはいかがでしょうか。ナチュラルなブラウン系だけで6色もバリエーションがあるので、美容院でしか叶わなかったもう少し暗く、明るくといった要望も叶えてくれそうです。アッシュやベージュ系では、憧れの外国人風の透け感もしっかり押さえているので要チェックです。   フレッシュライト 泡タイプカラー こちらは泡タイプのフレッシュライトシリーズ。色は7色と少なめですが、アッシュ系もちゃんと揃っていますのでご安心を。もっちりとした泡で塗っているあいだもたれてこないので、髪の根元までしっかりとなじませやすくなっています。ポンプタイプなので、片手でシュッと手のひらに押し出してやさしく塗れるのがうれしいですね。 ≪ヘアカラーを長持ちさせるポイント≫ ・お湯が熱すぎないように注意する ・染めた直後は傷みやすいので優しく扱う ・洗い流さないタイプのトリートメントで毛先をケア ・洗髪後はしっかりと乾かす ・紫外線ダメージを受けやすいので注意して   ・お湯が熱すぎないように注意する シャンプーするときのお湯の温度が熱すぎると、ヘアカラーの持ちが悪くなるといわれています。36度から38度くらいまでのぬるめのお湯で洗うようにしてください。 ・染めた直後は傷みやすいので優しく扱う きしみにくいような配合がされていますが、やはり染めたばかりの髪は傷みやすいものです。ひっぱったりゴシゴシとこすらないように、タオルドライは押さえるようにやさしく。 ・洗い流さないタイプのトリートメントで毛先をケア 栄養が届きにくい毛先は特にダメージを受けやすいので、アフタートリートメントでしっかりと栄養補給をしてあげましょう。 ・洗髪後はしっかりと乾かす 意外とサボりがちですが、とても大切なポイントです。洗髪後の髪はとてもデリケートな状態なので、なるべく早く乾かしてしまいましょう。それだけでツヤが変わります。 ・紫外線ダメージを受けやすいので注意して 染めた直後の髪や頭皮はとても敏感です。ふだん平気な人でも紫外線の影響を受けやすいので、髪用の日焼け止めを使うなどして紫外線対策をしっかりとしましょう。 手軽に楽しめるセルフヘアカラーも、使い方をしっかり守って長く楽しみましょう。

乾燥する秋冬に使いたいフェイスマスク特集

  2018年ももうわずか。空気がひんやりとしてくると、肌の乾燥も気になる頃です。毎日のケアで肌をいたわって、トラブル知らずの笑顔でいたいですね。夏は軽いお手入れで済ませていた人も、これからの季節はフェイスマスクを活用してお肌にうるおい貯金をしておきましょう。今回は人気のプチプラなフェイスマスクを取り上げてみます。     オールインワン シートマスク モイストEX 50枚 1,620円(1枚あたり約32円)   たっぷり50枚も入っているオールインワンのモイストEXタイプは、しっとりとうるおうのに1枚あたり32円とコスパも最高です。毎晩惜しみなく使えるのがうれしいです。     オルフェスシートマスク ダイヤモンドモイスチャー 5枚 880円(1枚あたり約176円)   オルフェは韓国のシートマスク。つやつやな肌のヒミツはこれなのかも?どんな季節にも使えるのでマストアイテムにしたいですね。浸透率の高いアミノ酸ベースなのでお疲れ肌もしっかり保湿してくれます。5枚セットなのでシリーズをそろえるのも楽しいです。     フェイスマスク ルルルンプレシャスWHITE 32枚 1,728円(1枚あたり約54円)   エイジングケアタイプのこちらのルルルンマスクは、化粧水タイプで使い心地は軽やか。毎日使いがしやすいコスパもGOODです。マスクにすることでじっくりと成分を浸透させることができ、毎日使うほどに変化を感じられそうです。   NEWフェイスマスク ルルルンプレシャスRED (乾燥小ジワ徹底濃密タイプ) 32枚 1,728円(1枚あたり約54円)   たっぷり濃密なルルルンマスクのREDは、ツバキ種子油などの美容成分が乾燥による小ジワにしっかりアプローチ。使うほどに小ジワを目立たなくしてくれるので、毎日のケアに取り入れてみてください。     フェイスマスク ルルルンプレシャスGREEN (肌メンテナンスタイプ) 32枚 1,944円(1枚あたり約61円)   秋の季節の変わり目はトラブル肌の予感。不安定になるゆらぎ肌には濃密保湿のGREENタイプを使ってみてください。浸透型コラーゲンなどの成分がたっぷり含まれているので、肌をやわらかく、ふっくらと仕上げてくれます。肌に合わせてタイプ別で使い分けてください。     ミノン アミノモイスト ぷるぷるしっとり肌マスク 4枚 1,180円(1枚あたり約295円)   デリケートな肌こそ秋冬はしっかりと保湿したいもの。ふつうのタイプでは逆効果になってしまう…そんなお悩み肌にはミノンから出ているしっとり肌マスクがオススメです。肌に15分のごほうびタイムを。敏感肌でももう、あきらめなくていいんです。     ラボラボ 毛穴引き締めマスク 32枚 1,847円(1枚あたり約58円)   カチッと閉められる容器で使いやすく衛生的に工夫されています。310mlものひたひたローションでゆるんだ毛穴をキュッと引き締めてください。プラセンタエキス配合で、これからの季節に起きやすいゆらぎ肌対策もできます。     サボリーノ 目ざまシート 32枚 1,373円(1枚あたり約43円)   寝ぼけた体も顔もシャキッとさせてくれる朝専用のフェイスマスクです。忙しい朝にもピタッと貼りつけて、すきま時間を有効活用!おでかけ準備のあいだに肌はぐんぐんうるおってくれます。これだけで洗顔から化粧下地までしてくれるなんて優秀すぎます!フルーティーハーブの香りが爽やかで心地いい。     サボリーノ お疲れさマスク 28枚 1,328円(1枚あたり約47円)

話題のアミノ酸シャンプー!正しい洗い方と市販で買える商品

最近話題になっているアミノ酸シャンプーはもう試されましたか?アミノ酸シャンプーといえば、しっとりとした洗いあがりで、髪への負担が少ないことが主な効果として思い浮かぶのではないでしょうか。   誤った使い方で起きるトラブル 効果を期待して買ったのに、逆に抜け毛が増えたりかゆみが出たり…というトラブルが起きてしまった人もいるようです。もちろん体質に合わなかったという原因も考えられますが、もしかすると正しいシャンプーが出来ていなかったことがトラブルの理由かもしれません。 特にアミノ酸シャンプーはそのおだやかな洗浄効果から、正しい使い方をしないと効果を得る前に髪に負担をかけてしまっている可能性があるようです。正しい洗浄方法でアミノ酸シャンプーを使って、その効果を最大限に引き出しましょう。 ※肌に合わない人は無理に使用しないでください。   アミノ酸シャンプーの特徴 ・髪に余分な負担をかけない ・髪をおだやかに洗い上げる ・髪にツヤ、コシを与える ・髪のまとまりをよくする ・髪をうるおして乾燥を防ぐ ・フケやかゆみを防ぐ 髪に負担をかけずおだやかに洗えるということは、逆にいうと洗浄力が弱いともいえます。通常、市販のシャンプーは洗浄力が強いとされているようなので、今までと同じ感覚でアミノ酸シャンプーを使用すると、きちんと汚れが落とせていない場合があります。そのため、洗っているつもりが徐々に汚れがたまって、抜け毛やかゆみの原因になってしまうことがあるようなのです。これを防ぐためにも、まずは正しいシャンプー方法を覚えておきましょう。   正しいシャンプーの方法 まずは、洗う前に髪の絡みをとっておきましょう。濡れてから絡みを取ろうとすると力が入ってしまいます。先に指どおりをよくして洗い流しやすい状態にしておきましょう。   体温から38℃までくらいのぬるめのお湯でじっくりと湯洗いします。熱いシャワーは気持ちがいいですが、熱すぎると肌や髪への負担になるので避けたほうがいいでしょう。この湯洗いの段階が実はとても大切で、丁寧な湯洗いで汚れの80%を落とせるといわれています。髪を無理にひっぱったりしないようにして、頭皮までしっかりとお湯を流しましょう。   シャンプーは手にとってから洗顔フォームと同じように、軽く泡立ててからつけます。髪をこすることで泡立てるのではなく、泡をなじませながら髪を洗うというイメージでシャンプーしてください。摩擦が多いほど髪に負担がかかってしまいますので、髪は泡をなじませるように、頭皮は指の腹の部分でマッサージするように洗います。   はじめにじっくりと洗い流したように、シャンプーもしっかりと丁寧に洗い流してください。このときに洗い残しがあると、かゆみやトラブルの原因となってしまいます。しっかりと中までお湯を行き渡らせてシャンプーを洗い流してください。   アミノ酸シャンプーの特徴をちゃんと生かすためには、こういった正しいシャンプーをすることが大切になってきます。それでは身近なドラッグストアなどでも市販されているアミノ酸シャンプーを見ていきましょう。   市販のアミノ酸シャンプー 「いち髪」 すっかりおなじみとなった「いち髪」も実はアミノ酸シャンプーの一種で、サロンで購入したりと高価なイメージがあるアミノ酸シャンプーの中では、とても手頃な商品です。惜しみなくたっぷり使えるお値段なので、毎日きちんと洗いたいですね。特徴的な華やかな香りもよりアップするかもしれません。   「ミノン」 敏感肌の人ならチェックしたことがあると思います。全身用シャンプーなども展開されていますが、フケや乾燥などが気になる人は薬用シャンプー(髪用)を使用するのがオススメです。洗浄成分などもとても優しいものが使用されているので、肌への負担は通常のシャンプーよりも軽いでしょう。その分、シャンプーの方法で説明をした湯洗いの段階でしっかりと汚れを落とすことが大事になります。     ほかにも「レヴール」や「ジュレーム」などCMでおなじみの商品がアミノ酸シャンプーとして挙げられます。洗浄力が強すぎると、皮脂が取れ過ぎてしまって体が危険を感じ、保護するために余分な皮脂を出してしまいます。皮脂が多くなりすぎると頭皮で菌が繁殖してトラブルの原因へとつながります。乾燥するこれからの季節は、アミノ酸シャンプーを正しく使うことで、こうしたトラブルから髪や頭皮を守りたいですね。