女子が美を磨くたびに注目したい海外の旅行先(パート2)

前回の記事では、パート1をご紹介しました。その中では韓国とインドを扱いました。韓国では美容製品や美容料理を楽しみながら、インドでは精神的な高みを目指す。そんなひと時を過ごす中で、外側と内側の両方から美を磨いていきます。これだけでは終わりません。美の追求に終わりはありません。海外旅行の数だけ学びがあります。さらに、旅を続け、進化を続けていこうではありませんか。本当に多くを学ぶならば、それぞれの国や地域の特色を理解することが重要です。   1. マレーシアで心やさしき人々に触れよう   マレーシアのよさ。それは美しき手付かずの自然、都市と緑の融合。もちろんそうなのですが…今回、それよりも注目したいのが、マレーシアの人々の心の優しさ。世界のあらゆる国や都市の中でも、トップレベルです。マレーシアを旅した人に聞くと、かなりの確率で人が優しかったという感想が聞かれるほど。それくらいに国民性が豊かなのです。観光地となると、観光客からどれくらいの収益を上げられるのかに注目が行きがちですが、マレーシアには当てはまりません。むしろマレーシアは、そんな発想とは対極にある国でしょう。国としての名声もすごいものですが、宗教的な観点も忘れてはなりません。マレーシアはイスラム教を信じる国なのですが、他のイスラム教を国教とする国からは、イスラム世界を代表する模範的な国として知られています。イスラム教は本来、平和を愛する宗教です。それは揺るぎない事実であり、そもそも宗教は人の心の支えとなるべきなのですが、近年の偏った報道のせいで、そんな大事なメッセージが皆に伝わりづらくなっています。マレーシアを旅行することで、理想的な宗教のあり方さえ、見えてくるかもしれません。   宗教をしっかりと信奉する人々で構成されていながら、他の人、つまり、他の国からの観光客にはその価値観を押し付けない。宗教のあり方を世界で最も理解している人々ではないでしょうか。普通、自分が力強く信じるものがあればあるほど、それを曲げることはできず、他の人にも無意識に強要してしまうものです。心を強く持ちながら、相手に対する物腰の柔らかさを保つのは、至難の技です。是非とも、マレーシアに行ったら、内側の芯の強さと、相手への柔軟さを同時に感じてみてください。これは説明のしようがありません。理想的な具体例を目の当たりにするのが一番です。むしろ、それでしか、マレーシアの人々のすごさを知る術はないでしょう。   2. キューバの時代を感じよう   キューバのイメージは何でしょうか?社会主義国?カストロ?チェゲバラ?それとも、アメリカと長きにわたって敵対してきた国でしょうか。これの全てが正解です。今回注目したいのはキューバの特殊なあり方。キューバの街を歩けばすぐにわかることですが、この国では時代の流れが止まっています。世界のあらゆる国で標準化されているものが、ここにはないのです。その最たる例が、Wi-Fiではないでしょうか。キューバを旅行すると、驚くほどインターネットが普及してない事が分かります。もちろん最初はそれを不便に感じることでしょう。それが逆に素晴らしい体験なのです。今まで慣れきったものに別れを告げて、あえて不便な環境の中で生活してみる。することで、見えなかったものが見えてくるのです。現代世界の私たちはスマートフォンやWi-Fiやインターネットになれきっています。これなしで生活することは、想像すら難しいでしょう。しかし、実際にこのような当たり前のものが存在しない場所が世界にはあるのです。そんな場所で生活をしてみれば、あらゆる発見があるはずです。そして、不便だと思っていたものが、実は、便利だとすら思えてくるかもしれません。断捨離という言葉が最近注目を浴びていますが、人間にとって、不要なものを見つける作業は非常に大事です。しかも、キューバへの海外旅行を行うだけで、タイムスリップしたような気持ちで、あらゆる価値観をリセットすることができます。決して、誤解はしないでください。キューバには「ない」と言いたいのではありません。むしろ、もっと大事なものがキューバには「ある」のかもしれません。ネットがなければ、人は話します。会話をして、人と人の繋がりがより密になるでしょう。ものの往来が少ないので、古いものを大事に使って、修理を重ねます。だからこそ、街中には古いクラシックカーが走り回っているのです。しかも全部ピカピカです。

世界各国での美意識の定義の違い

  日本では…一概には言えませんが、例えば、、女性であれば、すらっとした細身で、小顔で、目がぱっちりで…という人がモテる傾向にあります。もちろん、それぞれの好みがありますが、その国や地域ごとに、「大まかな理想像」があるものです。男性について言えば、痩せている人がシュッとしていると評価されがちです。逆に下っ腹が出ていたり、お腹がぶよぶよだったりすると、「なんとかしなければ」と思う人がたくさんいます。「そりゃそうでしょ」と思っていませんか?気をつけてください。これは、特定の人々が作り上げた理想像というイメージに他なりません。場所が違えば、考え方も変わるのです。例えば、日本人の男性のいわゆる「細マッチョ」というものは、アメリカでは、多くの人からむしろ「ヒョロヒョロで情けない」と思われる傾向にあります。むしろ、もっと本格的な筋肉隆々の体の方が人気であるというのがそちらの基準です。どれが正しいかなどと言うことはできません。正解などないのです。それぞれが、それぞれの好みを貫けばいいだけのこと。そこで今回は、優劣を一切つけることなく、ただ視野を広げることを意識してみましょう。   日本にある不思議な美意識   日本には世界各国から「不思議」だと形容される美のトレンドがあります。その代表的なものが八重歯です。あらゆる国で、歯を矯正してまっすぐな並びにするのが主流ですが、日本では例外的に八重歯の女の子が可愛いと思う層がいます。日本で暮らしているとこのようなことにはなかなか気づくことができません。面白いもので、一度、自分の住んでいる場所の常識を疑ってみると、新たな発想に出会うことができます。女性は細い方が好ましい、とする考え方は、あらゆる国で定着していますが、考えてみれば、それも主観であり、ある意味で「作られたトレンド」に過ぎません。   首が長い方が美しい   他の国に目を向けてみましょう。タイ北部に住む首長族の人々は、その名の通り、首の長さを重要視しています。女性は首が長ければ長いほどに美しいとされています。ただ厳密に言えば、首が長いのではなく、肩が下がっている女性が美しいとされます。というのも、首長族の女性たちは、首にリングをつけ、これの数をどんどんと増やすことで、時間をかけて肩を下げることで、結果として首を長くしているのです。努力を続けた人がその美しさを評価されるという意味では、非常に理にかなっているのかもしれません。   太っている女性が美しい   世界を見回してみると、ふくよかな女性の方が美しい、とする国はいくらかあります。南の島やアフリカ大陸各国に多い傾向にあり、これにはしっかりとした理由があります。ふくよかであればあるほど、その人は、高貴でお金持ちだと判断されます。というのも、食を確保するのがそこまで簡単ではない国では(またはそのような歴史と深いつながりがある国では)、ふくよかである/太っている=それだけのお金を持っていて、裕福である…という思考回路が存在します。考えてみてください。少し極端な例にしますが、なかなか食事が確保できない状況で、大多数の人々が細身。そんな中、少数の裕福な人のみがたっぷりと食べてふっくらとしたお腹に。そのような場合には、何の疑いもなく、太っている人が理想とされるでしょう。つまり、全ては相対的なのです。珍しさに価値を見出す人間の特性も大いに関係していることがわかります。   ハゲていることが男らしい   日本ではハゲていることはよく、笑いのネタや恥ずかしい短所として捉えられます。ハゲネタを使うお笑い芸人はたくさんいますし、テレビで笑いをとる一つの技としても使われています。また、ハゲていること=ダサいという認識も広く浸透しています。では、世界に目を向けてみればどうでしょうか?イタリアなどのヨーロッパのあらゆる国で、ハゲていることが男らしさや、熟練の象徴としてみなされています。かっこよく歳をとる男のあり方、とでもいいましょうか。そもそも、人間の自然な流れであり、歳の経過をかっこよさと捉えることのできる人々の心は美しいものです。チェコは世界でもトップクラスに薄毛の人が多い国の一つとして知られています。多くの成人男性が薄毛である国では、ハゲていることに特別な印象すらありません。むしろそれが普通なのです。   終わりに   各国や地域の違いを見てみると、考えさせられるものがあります。これを機械に、あなたなりの美意識を考え直してみるのはいかがでしょうか?

女子が美を磨くたびに注目したい海外の旅行先2つ(パート1)

女子旅の人気が急上昇中の昨今!女子が旅をしない理由などどこにもありません。そこで、今回は、女子が美を磨くために絶対に訪れておきたい超オススメの観光地をご紹介します。治安面での心配もなく、あらゆる美を磨くために訪れたい場所を厳選してお届け!コツでいっぱいの記事になるように心がけています。 海外旅行は美を一気に磨くために最高のチャンスです。というのも、忙しい日常の中では、ストレスや実務で手いっぱいにな理、抜本的な改革に集中できないからです。いきなり、食べ物を変えよう、新しい美のマッサージを始めよう、習慣を改善しよう…などと思っても、中途半端になってしまいがちです。これへの対抗策は、大きく環境を変えること。つまり、海外旅行が大きな環境の変化として、この目的に合致するのです。   1. 韓国で美容ショップを巡る   まずは韓国です。知る人ぞ知る美の聖地。韓国が全体として美に投入する力は尋常じゃありません。もはや国策として経済を支える力に認定するほどです。そうです、電子機器と肩を並べるのが美容だと言えるでしょう。BBクリームにスネイルのパックに、例えば、ソウルの街中を歩くだけでいくらでも美容系の店が目に止まります。 またサンプルを大盤振る舞いすることでも知られており、店に入るだけで、また店の前を通るだけで、無料でたくさんのサンプルをもらうことができます。また、美容ショップの店員はみなさん知識が豊富で、美の悩みを相談してみれば、びっくりするくらいに的確な答えが帰ってきます。無理に韓国語を覚える必要はありません。 例えば、スマホのアプリで簡単に言葉を翻訳するだけで、どのような製品を探しているのかを伝えることができます。また、いついっても、びっくりするくらいにセールがあります。アドレナリンが全開になってしまうので、逆に注意が必要なほどです。またソウル以外でもあらゆる場所で美容製品を購入可能です。 南部であれば釜山などが要チェックです。日本からはより近いし、街中に出れば、あらゆる美容ショップが目に止まります。食事も美容を助ける大事な要素。韓国料理には、発汗を促進し健康な肌の獲得を助けるものがたくさんあります。辛いものが苦手な人にとっては、逆に大変かもしれません。この他にはジェジュ島もオススメです。火山由来の化粧品が多くあり、自然派なので、添加物をきにする女子にとっては、特にオススメです。   2. インドで心を整え内側からキレイに   インドに向かう女子には素敵な力が…。そんな怪しげな言葉ではありますが、案外、嘘ではないかもしれません。インドは聖なる国。深い歴史や宗教、そしてヨガからの力をたくさん美に応用しようではありませんか。そもそも真の美は、外見の細工だけではありません。むしろ、内から実現する美が一番です。 ヨガは、心を整えて、自らの内なる力を最大限に引き出すための、究極の方法です。心が乱れている女子が真の美を獲得できることはまずないでしょう。ヨガを知るうえで避けて通れないのはチャクラです。チャクラとは人間に宿るエネルギーの一種です。頭の先、眉間などなど、私たちの体には、チャクラが集まる場所があります。 これに気づくことで、一気にエネルギーが目覚めるのです。不思議なもので、「自分が力を持っている」と理解しているかどうか、気づいているかどうかで、これだけ大きな変化が生まれます。本場インドでヨガを学び、日本に「自らの力を蘇らせるわざ」を持ち帰るのは、かなりオススメです。 実際、インドの寺院で携帯電話をはじめとする電子機器やインターネットから離れて、本格的にヨガを学ぶ仕組みは存在します。観光客であってもすぐに、修行の入門編のようなものを始めれるのです。ヨガ目当てでインドへ。素晴らしい選択肢だと思います。合わせて、インドの田舎では、日本では考えられないような、常識がまるっきり違う光景が広がっています。一度、自分の常識を壊して、次なる美を目指してみるのもいいでしょう。   終わりに   今回は二つの海外旅行先をご紹介しました。どちらもアジアなので、日本から簡単にアクセスすることができます。韓国であれば、3〜4万、インドであれば7~8万円もあれば、往復航空券を購入できます。さらに、どちらも安宿があることで有名です。特にインドの物価の安さは世界でも有数で、お財布事情が厳しい人でも、休みさえ数日間確保できれば挑戦することができます。