世界各国での美意識の定義の違い

 

日本では…一概には言えませんが、例えば、、女性であれば、すらっとした細身で、小顔で、目がぱっちりで…という人がモテる傾向にあります。もちろん、それぞれの好みがありますが、その国や地域ごとに、「大まかな理想像」があるものです。男性について言えば、痩せている人がシュッとしていると評価されがちです。逆に下っ腹が出ていたり、お腹がぶよぶよだったりすると、「なんとかしなければ」と思う人がたくさんいます。「そりゃそうでしょ」と思っていませんか?気をつけてください。これは、特定の人々が作り上げた理想像というイメージに他なりません。場所が違えば、考え方も変わるのです。例えば、日本人の男性のいわゆる「細マッチョ」というものは、アメリカでは、多くの人からむしろ「ヒョロヒョロで情けない」と思われる傾向にあります。むしろ、もっと本格的な筋肉隆々の体の方が人気であるというのがそちらの基準です。どれが正しいかなどと言うことはできません。正解などないのです。それぞれが、それぞれの好みを貫けばいいだけのこと。そこで今回は、優劣を一切つけることなく、ただ視野を広げることを意識してみましょう。

 

日本にある不思議な美意識

 

日本には世界各国から「不思議」だと形容される美のトレンドがあります。その代表的なものが八重歯です。あらゆる国で、歯を矯正してまっすぐな並びにするのが主流ですが、日本では例外的に八重歯の女の子が可愛いと思う層がいます。日本で暮らしているとこのようなことにはなかなか気づくことができません。面白いもので、一度、自分の住んでいる場所の常識を疑ってみると、新たな発想に出会うことができます。女性は細い方が好ましい、とする考え方は、あらゆる国で定着していますが、考えてみれば、それも主観であり、ある意味で「作られたトレンド」に過ぎません。

 

首が長い方が美しい

 

他の国に目を向けてみましょう。タイ北部に住む首長族の人々は、その名の通り、首の長さを重要視しています。女性は首が長ければ長いほどに美しいとされています。ただ厳密に言えば、首が長いのではなく、肩が下がっている女性が美しいとされます。というのも、首長族の女性たちは、首にリングをつけ、これの数をどんどんと増やすことで、時間をかけて肩を下げることで、結果として首を長くしているのです。努力を続けた人がその美しさを評価されるという意味では、非常に理にかなっているのかもしれません。

 

太っている女性が美しい

 

世界を見回してみると、ふくよかな女性の方が美しい、とする国はいくらかあります。南の島やアフリカ大陸各国に多い傾向にあり、これにはしっかりとした理由があります。ふくよかであればあるほど、その人は、高貴でお金持ちだと判断されます。というのも、食を確保するのがそこまで簡単ではない国では(またはそのような歴史と深いつながりがある国では)、ふくよかである/太っている=それだけのお金を持っていて、裕福である…という思考回路が存在します。考えてみてください。少し極端な例にしますが、なかなか食事が確保できない状況で、大多数の人々が細身。そんな中、少数の裕福な人のみがたっぷりと食べてふっくらとしたお腹に。そのような場合には、何の疑いもなく、太っている人が理想とされるでしょう。つまり、全ては相対的なのです。珍しさに価値を見出す人間の特性も大いに関係していることがわかります。

 

ハゲていることが男らしい

 

日本ではハゲていることはよく、笑いのネタや恥ずかしい短所として捉えられます。ハゲネタを使うお笑い芸人はたくさんいますし、テレビで笑いをとる一つの技としても使われています。また、ハゲていること=ダサいという認識も広く浸透しています。では、世界に目を向けてみればどうでしょうか?イタリアなどのヨーロッパのあらゆる国で、ハゲていることが男らしさや、熟練の象徴としてみなされています。かっこよく歳をとる男のあり方、とでもいいましょうか。そもそも、人間の自然な流れであり、歳の経過をかっこよさと捉えることのできる人々の心は美しいものです。チェコは世界でもトップクラスに薄毛の人が多い国の一つとして知られています。多くの成人男性が薄毛である国では、ハゲていることに特別な印象すらありません。むしろそれが普通なのです。

 

終わりに

 

各国や地域の違いを見てみると、考えさせられるものがあります。これを機械に、あなたなりの美意識を考え直してみるのはいかがでしょうか?